アクセスカウンタ

白馬の少年

プロフィール

ブログ名
白馬の少年
ブログ紹介
ガンちゃん  長野県白馬村生れ 千葉県市原市在住 
お金や物は何もなかったが美しい自然と家族や友人に恵まれて楽しい子供時代を送りました。
趣味はスポーツと読書。ここまで平安に生きられたことに感謝すると共に社会に何か貢献したいと努めています。2015年11月ブログで発信してきました内容をホームページ「新 古代史の提案」 http://www7b.biglobe.ne.jp/~ganswing/ でアップしました。ご意見を頂いてより充実させようと努力するつもりです。
NPO法人「蔵前バイオマスエネルギー」に所属しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
もう連休の最中にいるような錯覚
もう連休の最中にいるような錯覚 全ての花が咲きほころび季節は2週間ほど先行しているようです。私の家から10分も行くとたくさんの旧家がありその庭や垣根に初めて見かける花があって散歩の楽しみの一つになっています。ヤマブキの花 畑の一角に咲いています。土手にはこんな小さいハナニラの群生があちこちにあります。南に広がるしの竹の伐採をしています。全部手作業なので大変です。好天に恵まれ足の赴くままに平山薬師に行きました。「ガン封じ」の参拝客が多いのですが私以外誰もいなかったので驚いた。サツキがきれいに咲いていて気持ちが良かった。こんなほほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 22:40
パンジーの実験(竹炭の効果)
パンジーの実験(竹炭の効果)  霜の来る2週間前(11月11日)に苗を購入して冬の寒冷期を鉢に入れて越冬しました。その時竹炭を表面に散布した状態とそれをしなかった苗とで以後どうなるかの実験を継続中です。2月上旬 このように鉢に分類して炭あり、なしを別けました。3月17日に鉢から畑に移植する時に根の部分を比較したもの。 上の列がなし、下の大きな根は竹炭入り。板の上に並べましたが左の炭入は大きく成長しています。炭入のパンジーを並べて配置しました。炭なしはチューリップの花の周りに配置してその後の生育をチェックする予定です。花の一株... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 23:37
花見三昧
花見三昧 今年は天候に恵まれて思う存分花を楽しみました。白馬村に15年間通い続けた5家族の人たちとOB会館のレストランで懇談した後大学構内の桜を見学しました。年配の方々も元気に歩いてグランドや寮など昔の思い出の場所を訪れました。3月23日の設定でしたが寒い日が続いたので早く咲くぞ・・との予測が見事一致しました。3月27日午後東京で会合があったので午前中皇居を一周しました。東京駅から皇居までの通路が整備されて素晴らしい環境になりました。外人客の姿が目立ちすっかり国際観光地です。東御苑の中の大きな桜にはこのよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/31 22:48
静岡での竹炭普及活動で発表する
静岡での竹炭普及活動で発表する 3月4日(日)静岡市内にある静岡県立大学にて私の参画するNPOのシンポジウムが開催されました。当日の発表会場のようすです。55人ほどの聴講者が集まりました。 竹炭が野菜や花の生育に及ぼす効果について私が野菜栽培について、妻が花の作り方にについて15分ほどの発表をしました。妻はこのような人前で話すチャンスはめったにないので緊張したようです。13枚の画面の一つです。竹炭は根の張り具合を強くして長持ちする草花を育てます。しかし一般には竹炭は高価な堅炭を指すものらしくNPOで私たちが畑で使っている炭を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/19 14:37
大雪とついに念願の本を完成
大雪とついに念願の本を完成 寒に入って毎日寒い日が続いています。そして3年ぶりの大雪を経験しました。我が家の庭芝生とその前にある芽吹きしている梅の木が真っ白になりました。いつも歩いている散歩コースの坂から住宅地を眺めるとこんな風景でした。その散歩道です。竹林は雪の重みでつぶされた状態、歩いていると木の葉や枝に降り積もった粉雪ががひっきりなしに落ちてきてあたかも雪が降っている状況でした。草津では大爆発が起きて心配でしたが死者が少なくて助かりました。この三菱電機製の石油コンロ25年使ってきましたが劣化症状を示してきたので新品と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 23:06
新年おめでとうございます
新年おめでとうございます 2018年を迎え、快晴のすばらしい日の出と共に始まりました。 元旦には散歩ついでに近くの誉田八幡神社にお参りをしてきました。やはり元旦の初もうでは50人位の人出があって賑やかでした。 2日には近くに住む息子夫婦と新年を祝いました。 3日は千葉神社に参拝しました。冷たい強風が吹き荒れて大変でした。三が日のため参拝者の行列が延々と続き大変な時間待ちでした。神社前の有名な豆大福を買って帰りました。80歳の紀念に撮影した家族の写真ができたので受け取ってきました。皆さん元気そうで何よりです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/03 22:55
暮れの行事の数々
暮れの行事の数々 今年も残りわずかになってきました。毎日バタバタしていますがその中からいくつかを紹介します。東京ビッグサイトにて「エコプロ2017展」が開かれました。昨年と同じような内容で竹もりの里が主催して出品しました。山林などの分野ですが竹に関する情報提供はこのブースだけということもあって関心のある方が次々にやってきて熱心に会話して行きました。顔なじみの人も多くなっていつも人だかりができたのは良かったなあと思いました。隣の御神木を救済している女子樹木医の会もこの竹を用いて大きな成果を挙げているようです。7・8... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 14:04
晩秋のスケッチ
晩秋のスケッチ 今年は朝晩しっかり冷えたのでもみじの色が良くついて見事な出来栄えでした。昼食後近くにある生命の森に散歩に行ったらドローンを飛ばしている人にばったり出会った。こんなに近くで見るのは初めて。大人のおもちゃですね。飛ぶときの騒音が大きいのには驚いた。横にあるゴルフ場のビュッヘに行ってコーヒーを飲みながら若い人達のプレーを観察した。 その前の週は大岡山で山岳部OB会の集まりがあった。ここ数年現役の新入部員が入るようになって活気がでてきたという。男女半々・・・私の時代には想像もできないことだった。 出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 17:19
お寺にてボランテア活動
お寺にてボランテア活動 久ぶりの秋晴れの文化の日曹洞宗真光寺に行きました。総会と子どもの絵本を現地語に変える活動参加のため。年々寺の建物や墓地が充実来ていて住職とスッタッフの活動に感謝です。本堂の前の芝生にテントが張られ150人ほどの人が集まりました。ここは樹木葬の墓地、約10年を経過して樹木も成長し大きくなった。その管理に大変な作業を要しているという。歩く道筋には桜が多く春には見事な景色が楽しめるがこの時期にはこのような冬桜も見られた。自然環境抜群で大きな緋鯉が泳ぎ回っている池がある。その上にその近くで作っている米や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/08 22:36
甲府周辺 武田神社など
 甲府周辺 武田神社など 甲府駅周辺は豪族武田氏のゆかりの遺跡とそれを顕彰するもので溢れている。甲府駅前に鎮座する信玄公の像、30年位前に見た時とは周辺環境がすっかり変わってしまっていてバス停の片隅に追いやられている。ホテルが県庁の裏側、舞鶴公園の先だったので城横を通ったが石垣が見事だった。翌朝JR甲府駅前に行くのに甲府城の中を横断して行った。舞鶴城 甲斐源氏の祖がここに館を建設し守護神として祀った。武田時代を経て江戸時代に家康の命で新城が建てられた。この城は加藤・浅野両氏によって作られたが石垣などの石材はここで産出した... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 15:13
昇仙峡ー2
昇仙峡ー2 昇仙峡の滝上から渓谷を歩いて下る。雨が多かったためかこのような小さな滝にも水が一杯。大滝(仙俄滝)横に遊歩道が付いている。高度差30m昇仙峡の特徴である巨大な石と清流。巨岩の隙間を通って道が伸びている。有名な「覚円峰」 花崗岩が浸食されてできた。直立部で180mあり。この岩頭で覚円和尚が座禅をしたのでそのような名前になった。 ここより下は馬車が客を乗せて行き交う所だった。最盛期には21頭の馬が働いていたが客足の減少と案内する人が高齢化して遂に廃業するに至ったようである。 私ども2人以外歩く人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 23:28
昇仙峡の旅−1
昇仙峡の旅−1 早朝家をでて高速バスで甲府に下車。思いがけず天候に恵まれたので妻と昇仙峡に行ってみることにした。11時半に駅前を出発。滝上で下車、時間もないのでロープウェイには乗らず影絵美術館に行く。世界的影絵の巨匠「藤城清治」さんの絵を鑑賞した。すばらしい作品に圧倒された。このような絵が50点ほど展示され、他にも山下清などの作品も並ぶ。昇仙峡は宝石店で有名ですがその原石があったので見ていると、客がいないので店の主人が世界各地の原石を紹介、熱心に説明してくれた。これは大昔の木が閉じ込められて石になったもの。大き... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 22:48
浮世絵の鈴木春信展をみる
浮世絵の鈴木春信展をみる 千葉市美術館で開催中の錦絵を見にいきました。ボストン美術館所蔵品で日本ではこのようなチャンスでないと見られないもの。錦絵誕生の頃の第一人者である。彼の作品の8割方は海外に流失しているという。明治維新の時アメリカからやってきた大学の先生等に日本の絵画が大人気で鈴木春信の作品は医者の収集家に渡ってボストンに保存されている。女性を描いたものが多く滑らかな線のタッチと色合いのバランスが実に見事だった。明治の初め頃の風俗が見えてとっても楽しい。子どもたちの獅子舞でどの子も楽しそう。現代には見られない景色で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/06 17:40
秋の花が賑わっています
秋の花が賑わっています 他所より遅れたが大きく育ったトランペットが一斉に開きました。次の花が順番待ちです。ムラサキシキブ、色合いがなんとも言えず・・華やかでないので見てくれる人は少ない。アメジストセイジ 大きくなりすぎて一度刈り取ってからの花。こぼれ種で育てた花。トレニア畑一杯に広がっている。 ホトトギス。鉢植えから地植えにしたら大きく育った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/06 12:44
トロッコ列車の眺め
トロッコ列車の眺め 10月に入りすっかり秋らしくなってきました。車を使って養老渓谷周辺に出かけました。ちょうど今年から走り出したトロッコ列車に出合えて写真に収めました。養老渓谷駅に寄るとちょうど列車がやってくるところだった。トロッコになっている部分には観光客が満杯であった。駅に到着したお客さん。どこに行くのかなあと見ているとバスが2台待っていてあっというまに出発してしまった。そして帰りのお客さんが乗り込んで駅構内は店を出している人達だけになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 22:31
トケイソウとパッションフルーツの花
トケイソウとパッションフルーツの花 昨年の秋川崎市にある明大農学部の実験ハウスで見た表題の花がとっても印象的であった。家の塀垣に這わせてみたらという妻のアイデアで春、苗木を買ってトライすることにした。南国の花で高温、水をたくさん必要とするなど厄介な育てるには苦労するものらしい。まずはトケイ草。時計の針のようなものがあって面白い。これがパッションフルーツの花。最初は花がきちんと咲いてくれるのが目標だったが昨日咲いているのを確認して今朝二輪を写真に撮った。 この花から実がなって食べられるような大きい果実に実るのが目標であるが今年は無... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 15:09
カボチャとの付き合い
カボチャとの付き合い かぼちゃを植えたが全く実が付かず色々考えた。農家の皆さんのようすを見ると広い畑にカボチャを密集して植えて花がいっぱい咲いていて交配でき易い環境が整っている。  私のは土手に弦を這わしているので疎らに蔓が伸びているだけ。おまけにこの所の天候異変のためかミツバチやチョウチョが全く少なくなってしまった。その上花がたくさん植えてあるので花粉を運ぶプレイヤーがいない。  そこで毎朝注意してメス花が咲いたら私の手で交配するように心がけた。  そのためか次から次と実が付いて成果が表れた。次にその実を直に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 11:20
予想外の竹粉の生育促進効果
予想外の竹粉の生育促進効果 今年度野菜苗を植え付ける時に竹粉を添える実験を試みている。 キウリ苗の根元の茎のようすを写したもの。右は竹炭を敷いた上に竹粉をセットしたもの太さが全く違っている。左は竹炭だけのもの。 上の写真を拡大したもの。植え付け直後から見事な成長をして炭だけのものに比べて開化や実の付具合が早かった。これは竹炭だけのもの。いずれも肥料としては油かすを元肥として使用しているだけです。  今年のキウリはこの実験を含めて4本植えただけですが大きな物がたくさんなって最盛期には毎朝約2kgの収穫でした。妻がそれら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 10:52
カボチャの実がいっぱい
カボチャの実がいっぱい 実が付かなくて困っていたが受粉をしてやったら確実に育ってくれた。最初は綿棒で花粉を突けてやったが面倒なのでオス花をちぎって直接つけてやった。栗かぼちゃと白いカボチャ(白馬の実家から頂いたもの)の二種類を育てている。そのままだと地面にくっついて表面が傷むので使ってない鉢の中に入れた。現在12ケほど大きくなった実を確認した。ところが大きくなる速度が速いため鉢を入れ替えようと引っ張ったら根本が折れてしまった。取り出すのをやめて変形かぼちゃのできるのを待つことにした。 ゴーヤやあちこちに植えたインゲン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/06 10:52
カボチャの実が付かない
カボチャの実が付かない カボチャの植え付けがやや遅れてしまったが勢いよく育ってきた。しかしせっかく付いた小さな実が大きくなる前に変色落下してしまい中々大きくなってくれない。土手に這わせていることと、今年はチョウチョや蜂の数が少なく受粉してくれてないようだ。放っておいても自然に育っていたものが狂ってしまい朝起きたら小さなメス花を見つけては受粉させてやる仕事だ増えた。成果としてこの3日間に4ケ位大きな実がついた。このところトマトが熟してきて毎日食卓を賑わせています。昨年に比べて生育状況が良くなっています。竹粉の影響が認めら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/24 14:35

続きを見る

トップへ

月別リンク

白馬の少年/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる